会社概要

 

ごあいさつ

私たちの会社は昭和47年に、理研計器株式会社 (現東証一部上場) から分離し子会社として設立された会社です。
理研計器株式会社のサテライト工場として、製品の開発や生産の一端を担っています。
昭和56年からオリジナル製品の開発に取り組み、特に高速プレス加工における品質管理、生産性の向上に着目し、
プレス機の異常監視装置、測定器の開発、生産、販売に力を注いでまいりました。
今後とも理研計器グループの一員として「人々が安心して働ける環境づくり」を永久のテーマとして
産業防災安全の確保に貢献してまいります。

代表取締役社長 松本 哲哉

会社概要

社名 株式会社 理研計器奈良製作所
設立 1972年 昭和47年 11月20日
所在地 〒633-0054 
奈良県桜井市阿部49番地1
TEL 0744-43-0051
FAX 0744-43-0056
アクセス
資本金 5,000万円
事業内容 1. 自動プレス機監視装置および測定器の製造販売
2. ガス検知警報機の開発及び製造
3. 各種センサの製造および販売
4. その他OEMの開発および製造
主な営業品目 1. 自動プレス機下死点監視モニター
2. 自動プレス機下死点変位自動測定器
3. プレス稼働管理システム
4. プレスミス検出装置
5. ヘッダー、フォーマー監視モニター
6. 可燃性ガス検知警報器
7. 箱交換機
8. オイルスプレー装置
9. 自動プレス荷重監視モニター
10. マルチカウンター
従業員 81名(2020年5月現在)
親会社 理研計器株式会社

沿革

1972年11月
理研計器(株)より分離し子会社として設立、資本金500万円(出資100%理研計器(株))
1980年09月
プレス機 カス上り検出器(ニューセルバー)開発に着手
開発プロジェクト設置
1981年01月
ニューセルバーⅠ(カス上り検出器)開発、荏原実業と販売委託
1982年01月
プレス機精度測定、データ収集システム(ニューセルバーⅡ)開発、販売開始
1983年02月
事務の合理化とスピードアップを目指し、電算機導入
1983年07月
ニューセルバー(プレス関連機器)自社販売開始、営業技術課設置
1987年02月
資本金を5000万円に増資
1990年01月
プレス等動的特性測定、波形解析支援(ニューセルバーⅢ)開発、販売開始
1992年10月
プレス下死点絶対値監視装置の開発、販売開始
1995年11月
ヘッダー、フォーマー異常検知装置(ニューセルバー77)の開発、販売開始
1997年03月
プレス ミス検出装置(ミス検Mini)の開発、販売開始
1998年06月
品質保証の国際規格 ISO9001認証を取得
1998年10月
工場、事務所棟新築(1,000m²)

more

2000年01月
チップマウンタシステムを導入して製品の小型化推進
2002年12月
プレス機下死点監視モニターの小型化、低価格化を実現、販売開始
2003年12月
自動機対応の箱交換機販売開始
2004年
自動プレス機対応オイルスプレー販売開始
2005年06月
観る、記録する、監視装置
ニューセルバーGXを開発、販売開始
2008年05月
増産の為、第三工場取得(1,429m²)
2008年09月
自動プレス監視モニターが超進化!ニューセルバーRB/RX、極小センサ(RS-223H)を開発、販売開始
2010年03月
社員駐車場 新設(1,600m²)
2013年04月
電算機(オフコン)から販売・生産管理基幹システム(サーバー)に移行
2013年05月
(新製品)プレス動的変位データ収集システム RM-3000 販売開始
2014年04月
4CH対応!下死点絶対値監視装置 ニューセルバーVX
(RX-7302/RM-7304)を開発、販売開始
2014年12月
チップマンウンターシステム 高効率モジュラー機増設。
高速性と高品質の両立!
2016年03月
RM-7402,RM-7404 VL (荷重監視モニター)を販売開始