プレス加工に確かな信頼性をプラスする

製品情報

自動プレス監視モニタ
RM-2305(RB/RX)
RM-2402(BX)
RM-2404(BX)
RM-1310(V)
下死点基準値監視装置
RM-7302 , RM-7304(VX)
RM-7201(GX)※生産中止
動的変位データ収集システム
RM-3000(Ⅲ)
ミス検出器
RM-2703(BM)
プレス荷重監視装置
RM-7402 , RM-7404(VL)
ヘッダー・フォーマー監視装置
RM-2803 , RM-2804(77)
箱交換機
RBOX-100
各種センサー
RS-833H
スプレーシステム塗油装置
SG-K4
ダウンロード
取扱説明書
カタログ

信頼のブランドをお客様に

下死点基準値監視装置

  ■下死点基準値監視ユニット NEW SELBER VX
  RM-7302(2ch仕様) RM-7304(4ch仕様)  
  カラーグラフィック表示で下死点の経時変化を見ることが出来ます。
USBフラッシュメモリで下死点データの連続記録が可能。トレサビリティに大活躍!


RM-7301
  特長  
 
  • 監視チャンネル数が、2CH仕様・4CH仕様の2機種です。
  • 最大回転数が、4500SPMまで対応可能。
  • 監視モードは、下死点モード・1st(第一バウンド)・外部タイミングモードを搭載。
    (※チャンネル個別にてモード選択が可能)
  • 分解能 0.1µm。(国内仕様) ※0.5µm(海外仕様)
  • センサー種類を選ばない! 弊社全センサー対応。
  • 液晶表示は迫力のある 7.5インチを採用。
  • USBメモリでのデータ記録最大32GBまで可能。
  • 監視方法の選択可能。( 基準値監視 ・ 前回値監視 )
  • ■基準値監視
     サンプリング動作により基準値を作成し、その基準値と毎パンチの下死点値を
     比較する基準値監視機能です。
     ☞曲げ精度、コイニングの厚み変化監視に最適です。
     ☞機械の下死点経時変位の変動監視に最適です。
    ■前回値監視
     ●下死点監視
      通常のストリッパ付金型でカス上がりが発生しますとストリッパの位置が変化します。
      この下死点の変位を測定を測定することによってカスが上がったことを検出します。
     ●1st(第一バウンド)監視
      バネ圧が高い金型の場合カス上がりが発生してもカスはほとんどつぶされてしまい、
      下死点の変位として検出することは非常に困難です。
      そこでカスがつぶれる前、すなわちストリッパがカスに当たって発生する
      第一回目のバウンドの下死点をとらえカスが上がったことを検出します。
     ●外部タイミング監視
      任意の角度入力による下死点値検出します。
  仕様
詳細はコチラ
  この製品のカタログ(PDF形式)のダウンロードが行えます。
*ファイルとして保存される場合は、「右クリック=対象をファイルに保存」を選択して下さい。
  
カタログ(4.95MB)
ページtopへ
個人情報保護方針 |  サイトのご利用について