プレス加工に確かな信頼性をプラスする

製品情報

自動プレス監視モニタ
RM-2305(RB/RX)
RM-2402(BX)
RM-2404(BX)
RM-1310(V)
下死点基準値監視装置
RM-7302 , RM-7304(VX)
RM-7201(GX)※生産中止
動的変位データ収集システム
RM-3000(Ⅲ)
ミス検出器
RM-2703(BM)
プレス荷重監視装置
RM-7402 , RM-7404(VL)
ヘッダー・フォーマー監視装置
RM-2803 , RM-2804(77)
箱交換機
RBOX-100
各種センサー
RS-833H
スプレーシステム塗油装置
SG-K4
ダウンロード
取扱説明書
カタログ

信頼のブランドをお客様に

下死点絶対値監視装置

  ■下死点絶対値監視ユニット NEW SELBER GX
  RM-7201  
  カラーグラフィック表示で下死点の経時変化を見ることが出来ます。
USBフラッシュメモリで下死点データの連続記録が可能。トレサビリティに大活躍!


RM-7201
製品紹介ムービー
Windowsの方
Media Player
低画質 高画質
Macintoshの方
Quick Time
低画質 高画質

ムービーをご覧になるには、Windows Media PlayerまたはQuickTimeが必要です。お持ちのコンピュータにインストールされていない場合、右記のバナーよりダウンロードしてください。 Get WindowsMediaPlayer

Get Quick Time
  特長  
 
  • 高速追従・高信頼性を実現
    画面表示付でありながら、高速追従2000 min-1 (spm)まで対応。

  • ビジュアルな 監視画面
    監視画面 5.7インチカラー液晶を採用。数値・波形においてはるかに見易さと情報量の表示を実現。ラムの経時変化を、グラフで大きくくっきり監視出来ます。
    新しくワンショット波形表示機能で、今まで数値のみでしか判断出来なかった、金型・ストリッパの動きが、波形で手に取るように分かるため、プレス・金型に対して、フォローに役立ちます。

  • データ収集 / パソコンで、簡単データ処理
    下死点値を連続データとして蓄積し、外部へ取り出すことが出来ます。
    データの記録は、市販のUSBフラッシュメモリを製品に挿して行うため、記録後はデータをスマートに現場から持ち運ぶことが出来ます。
    大容量タイプ 128M で およそ 500万ショットデータ記録

    フラッシュメモリ記録データは、CSVファイル形式で保存するため、Excelで処理出来ます。現場のデータをオフィスで編集し、トレサビリティに活用できます。
    ※Excelは、Microsoft Excel の商品名(商標)です。
  仕様
詳細はコチラ
  この製品の取扱説明書(PDF形式)のダウンロードが行えます。
*ファイルとして保存される場合は、「右クリック=対象をファイルに保存」を選択して下さい。
  
カタログ(1.14MB) 外形及び取り付け寸法表
取扱説明書(2.13MB) RM7201(GX)-(13kb)
ページtopへ
個人情報保護方針 |  サイトのご利用について